マツダ アテンザ 初心者でも出来る値引き交渉術!

 

アテンザを安く買うには、ライバル車との値引き競合が効果があります。

 

こちらでは、値引き交渉が苦手な方や初めての方でも、アテンザを安く買える値引き交渉術を紹介します。

 

 

下取り車がある場合には、ディーラーの査定以外にも買取店での査定を受ける事をおすすめします。

買取店の相場を把握しておけば、ディーラー査定が適正かどうかの判断が出来ますし、査定額の上乗せの交渉もしやすいでしょう。

 

下取り車がある場合は、愛車を高く売る方法とは?も合わせてご参考下さい。

 

 

アテンザのライバル車は?

 

マツダのセールスさんが反応するアテンザのライバル車は、アテンザセダンなら 「スバル レガシィB4」「ホンダ アコードハイブリッド」「トヨタ マークX」「トヨタ プリウス」などです。

 

アテンザワゴンなら「スバル レヴォーグ」「スバル レガシィアウトバック」「ホンダ オデッセイ」「トヨタ プリウスα」です。

 

アテンザの購入グレードと同価格帯のライバル車を選んで、マツダのセールスさんにぶつけて競合していきましょう。

 

 

アテンザの値引きのコツ

 

アテンザから値引きを引き出すには、マツダのセールスさんに「値引きをしないとこの人は他の車を買ってしまう」と思わせる事です。

 

だからと言って、横柄な態度で接するのは止めましょう。「買ってもらいたいなら値引きしろ」ではなく、「他の車と迷っています。予算が限られてます。」とやった方が、セールスさんの方から動いてくれます。

 

セールスさんは味方に付けて、ライバル車と競合して行きます。

 

 

ライバル車と競合交渉

 

では実際に、競合交渉して行きましょう。

 

まずは、ライバル車のディーラーに行って見積もりをもらいます。見積書に値引き金額が書いていなければ、口頭でもいいので、いくら値引きが可能なのか聞いておきます。

 

ライバル車で出た値引き条件を別のライバル車へ伝えて見積もりを取り、さらに値引きを引き出します。

 

これをやることで、ライバル車の値引きを引き出せるので、それをアテンザのマツダディーラーへぶつけます。

 

その時も、「アテンザワゴンも候補ですが、レヴォーグが30万円引きなのでどうしようか迷っています」などと、伝えると効果的です。

 

形としてはまだ車種選びに迷っている段階なので、セールスさんがレヴォーグを上回る値引きを提示して来て契約を迫られても、「一度帰って検討します」とその場から離れやすいです。

 

そしてじっくりと希望予算を検討して、次回の商談の時にマツダのセールスさんに最終予算を伝えて、「この金額になればレヴォーグは諦めて、アテンザワゴンを契約します」とやると、効果的でしょう。

 

 

マツダ同士の競合で値引きアップ!

 

ライバル車とアテンザの競合で希望の値引き金額を引き出せれば、それで成功ですが、中には「思ったほど値引きが増えない」と言う場合があるでしょう。

 

そんな値引きが頭打ちになった時は、マツダ同士の競合が有効です。

 

同じ県内には、経営する会社が異なるマツダディーラーがある都道府県があります。マツダのHPでディーラーの会社名を調べられるので、違う会社同士のマツダディーラーと同士競合してみましょう。

 

県外に出れば、基本は経営する会社が変わるので、地元のマツダディーラーと隣県のマツダディーラーとの競合が可能です。

 

アテンザの値引きが伸びなければ、それまでのマツダの条件を、違う会社のマツダディーラーに伝えて、さらにアテンザの値引きの上乗せを目指します。

 

ある意味ライバル車との競合よりも、強く反応するディーラーがあるので、是非試してみると良いでしょうね。

 

 

下取り車があれば、値引きと査定額は分けて交渉

 

下取り車がある場合は、アテンザの値引きの他に下取り車の査定金額も高くなるように交渉して行きます。

 

A店で出た下取り車の金額をB店に伝えて査定金額の上乗せを目指します。

その際は、アテンザの値引き金額と査定金額は分けて交渉を進めましょう。

 

値引きと下取りが一緒になって、総額での交渉になると、値引きも下取りも限界まで伸びなくなる事があります。

 

個別に交渉した方が、結果的に値引きも下取りも多くなるので、金額は明確にしながらセールスさんと話をして行きましょう。

 

 

ハンコを押す前の最後の一押し

 

契約書にハンコを押す前が、値引き交渉で一番効果のある瞬間です。

 

契約を前提に最後の条件をセールスさんに提示する訳ですが、その時は「ちょっと無理かな?」と思う条件をぶつけると効果的です。

 

目標の予算よりも5万くらい安い金額を伝えて「この金額になれば他を断って契約します」とやってもいいですし、

「スタッドレスタイヤをサービスで付けてくれたら契約します」とやっても良いでしょう。

 

契約を条件に最後の最後で自分が納得できる条件をぶつけると、セールスさんもその条件を飲めば契約が取れるので、頑張ってくれたりします。「上司に相談してきます!」となってその条件が通るかもしれません。

 

もし通らなければ、何らかの妥協案を出して来ることも考えられます。

 

その時は、その条件で納得しないで、希望ナンバーのサービスやナンバーフレームのサービスなど数千円~数万円のサービスを要求すると、最後に通りやすくなります。

 

そして自分が納得できる条件で着地したら、アテンザを契約しましょう。

 

 

下取り車がある場合は

 

下取り車がある場合は、最後の最後で査定額がさらにアップする可能性があります。その方法は愛車を高く得る方法とは?で紹介していますので、合わせてご参考下さい。

 

 

スポンサーリンク

PAGE TOP

copyright©2009-2017 マツダ アテンザ専門サイト! All Rights Reserved
Copyright(c) 2013 Sample Inc. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com